花房観音 -Hanabusa Kannon-

仕事情報

2/2「週刊新潮」の「黒い報告書」

明日発売の「週刊新潮」の「黒い報告書」書いています。

今回は、修学旅行を引率する男性教師が、宿泊先のホテルで呼んだのは……という話。

バスガイド&添乗員の経験を生かして書きました!

よろしくお願いします。

2017年2月01日
仕事情報

1/21 「小説宝石」2月号に京都ミステリー後編掲載

1/21発売「小説宝石」2月号に、京都ミステリー「簪の女」の後編が掲載されます。

美人だけど口の悪い土産物屋の未亡人・松葉と、年下の田村刑事が事件を解決します。

 

 

隔月連載です。

よろしくお願いします。

 

2017年1月23日
仕事情報

1/19 「楽園」(中公文庫)発売

 

2014年に刊行された「楽園」が文庫になりました。

かつて、そこは「楽園」と呼ばれていた――。

京都の旧五条楽園が舞台の、若さを失いつつある女たちの渇望と解放の物語です。

 

これを書いているとき、私自身にもいろんなことがあって、思い入れの強い小説です。

 

今、世間ではアダルトビデオや性風俗の存在が、「清き声」に圧されて苦しい状態になっています。

そんな時代だからこそ、多くの人に読んで欲しい。

「楽園」は、若くないからこそ、性に執着し、足掻く人間たちの物語です。

私も足掻いていますよ。だって、もう、若くないし、生命の果て「死」が見えている。死ぬときに後悔したくないから、足掻いている。

悟れないし諦めきれない。

自分でこれだけ醜悪に思うのだから、他人から見れば尚更のことでしょう。

だから、これからも「性」を書き続けますよ。うんざりされるほどね。

 

解説は永江朗さん、装画は単行本と同じく千海博美さんです。

2017年1月20日
仕事情報

pagetop